依存症の種類別の特徴

薬物依存症とは?薬物は辞められるのか?

芸能人の薬物での逮捕のニュースを何度か目にしています。
また、新聞等でもよく見ますよね。

 

薬物の場合は犯罪になります。
したら捕まると解っていながらも依存としてはなかなか抜け出せません。

 

  • 誘われて試してみたら依存してしまう
  • 会社の人等に誘われて断れずにしてしまう
  • 好奇心から始める

 

 

このように、試してみて依存してしまうケースが多いです。

 

  1. 「ちょっとだけやってみようかな」という好奇心から手を出して、快楽を覚えます。
  2. ストレス解消や現実逃避に何度も手をだし快楽に浸りたくなります。
  3. すぐ薬物をしたくなり、ないと欲しくなります。

そうやって、はまって辞めれなくなってしまいます。

 

薬物依存症の悪影響

薬物は脳も体も支配します。
薬物依存症が抜けれなく悪化していくとこのような症状が出てきます。

 

  • 妄想・幻聴・幻覚が見え、恐怖感が現れます。
  • 普通以上に興奮し、ハイテンション・暴力的になります。
  • 体に問題がないのに、体に異物があるなどと、体感的に感じます。

 

明らかに異常な状態になるので、パートナーと離婚・家庭崩壊や、誰も相手にしてもらえなくなります。

 

薬物依存症は治るのか?

どんな依存性もまずは本人の自覚が必要となってきます。
薬物依存症の場合も、本人が向き合わないといけません。
家族も見捨てるのではなく、甘やかさないようにし、自分で考えさせる環境が必要となってきます。

依存症改善へのステップ

依存性は、自分が悪いとか、自分に問題があると悩みがちです。
ですが・・・人間は、誰でも依存性になる可能性があります。

病気だと納得し、前向きに改善へ進んでみてください。

まずは、改善・克服したいと思ったか次第です。

自己嫌悪やイライラしているだけでは一緒ですが、治したいと思ったのなら一歩進んでいます!

  • 軽度であれば、体験談を参考にするのも良し。
  • 徹底的に治療して貰いたいなら病院に行く。
  • 病院での治療の前に、自分でなんとかしたい方はプログラムを試してみるのも前進となります。


【依存症7日間 短期改善プログラム】7日間で依存症が改善しなければ返金 パートナーの依存症を治してあげたい方用

【依存症7日間 短期改善プログラム】7日間で依存症が改善しなければ返金 自分で治したい方用


自分の責任ではないので、自己嫌悪に陥らないように改善へ向かっていきましょう!