SNS依存症を克服した人の成功談

「SNS依存症」を治す方法は?克服者の体験談

【年代】20代
【性別】女性

 

仕事上必要な情報を得るためにツイッターをしょっちゅう見ていたら手放せなくなって、一時期、依存症と言えるくらいツイッターに依存していたことがあります。

 

とにかくツイッターで流れる情報を見逃すことが嫌で、仕事中にもしょっちゅうタイムラインを確認していました。

 

仕事などでしばらくツイッターをみることができないと、ツイッターが気になって気になってしょうがなくなってしまって。

 

上司の前や取引先でも我慢できなくて、見てしまっていましたね…。
それである日上司からそのことを咎められて、むちゃくちゃ落ち込みました。

 

自分が悪いんですが、仕事に有益な情報もそこで得ていたので…。

 

通勤の行き帰りもずっとスマホでツイッターを見ているという状態がしばらく続いたときに、頭と目の痛みが強くなって病院に行って、お医者さんからSNS依存を暗に指摘されて以来自制心を保つようにしています。

 

【年代】30代
【性別】女性

 

私は15歳から携帯を持ち、15年間携帯を愛用しています。使い始めた頃には無かったSNSが大好きで、あらゆるSNSを使い情報を集めたり提供したりする事にハマっていました。

 

自分の日常の写真や文書を毎日載せないと気が済まなくなり、承認欲求を満たすために、わざわざSNSに載せるためだけの予定を作ったり写真を撮ったりしていました。

 

遠くに行けばお金もかかりますが、それでも、SNSを見てくれている人にすごいと言われたい!羨ましいと言われたい!その気持ちばかりが先走ってしまい、自分を止められなくなっていました。

 

ある時、携帯が壊れてしまいSNSが2週間ほど見られなくなった時、気持ちがすっきりしている事に気付きました。
SNSに載せる話題を無理やり作る必要も無く、本当に自分がやりたい事に時間を使う毎日が心地よくなり、SNSとはさよならできました。

依存症改善へのステップ

依存性は、自分が悪いとか、自分に問題があると悩みがちです。
ですが・・・人間は、誰でも依存性になる可能性があります。

病気だと納得し、前向きに改善へ進んでみてください。

まずは、改善・克服したいと思ったか次第です。

自己嫌悪やイライラしているだけでは一緒ですが、治したいと思ったのなら一歩進んでいます!

  • 軽度であれば、体験談を参考にするのも良し。
  • 徹底的に治療して貰いたいなら病院に行く。
  • 病院での治療の前に、自分でなんとかしたい方はプログラムを試してみるのも前進となります。


【依存症7日間 短期改善プログラム】7日間で依存症が改善しなければ返金 パートナーの依存症を治してあげたい方用

【依存症7日間 短期改善プログラム】7日間で依存症が改善しなければ返金 自分で治したい方用


自分の責任ではないので、自己嫌悪に陥らないように改善へ向かっていきましょう!