依存症を治す為に出来る事

依存症を治すために周りが出来る事は?

世の中には様々な依存症がありますが、もし自身や近しい人が陥った場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

依存症の概念についてですが、厚生労働省でこころの病気と表記されている依存症は以下のものがあります。

 

  • アルコール依存症、
  • 薬物依存症
  • ギャンブル依存症

 

以上の三つです。

 

三つだけなのかと驚きに駆られますよね。
ですがその他の依存症が病気ではないと言われているわけではありません。

 

これらはあくまで代表的な例だと言ってもいいでしょう。
他にも身近な例だと買い物依存症やネット依存症などがあります。
ストーカーも実は依存症の一つだと言われています。

 

診断の基準についてですが、生活上で本人や周りの人に害が出ていればそれはもう依存症と見なした方が良いです。
思い悩んだらすぐに医師や保健所、精神保健センター、自助グループなどに相談した方が助かる見込みが格段に上がります。
とりあえず自分の心や身内だけで抱えないで詳しい人に相談するのが吉です。

 

依存症になりやすい性格というのはあるにはあるでしょうが、基本的には性格が弱いから依存症になるという説は否定しましょう。
本人の性格よりも心や身体に受けるダメージ(ストレス)が依存症に影響を及ぼしています。つまり環境の影響も大きいのです。

 

依存症を助けるには?

どの依存症にも人の助けは必須となります。
本人はなかなか気づかないので、家族や友人・同僚等がいち早く気づいてあげる事が依存症を克服する第一歩となります。

 

例えば家族に「アルコール依存症じゃない?」と言われても、「ちょっと飲みすぎたかなー」と思う程度であったり、「そんな事はない。酒が好きなだけだ」等と病気であることを否定をします。

 

体の不調を感じて内科に行って治療をしたとしても、調子が戻るとまた再び飲み始めてしまいます。
そうすると、また体の調子が悪くなり依存性が悪化していきます。

 

依存性は本人が依存性を自覚し、治そうと思わなければ治りません。
医者から依存症だと診断されても、自分は軽度だと思ってしまったり、誰にも迷惑をかけていない、等と思ってしまっては治りようがありません。

 

依存症を助けるにも種類があり、外来でお医者さんと相談しながら自宅で自分または家族と改善方法を模索していく方法、または入院して医師と短い間隔で会いリハビリをしていく方法などがあります。
その人の環境に着目し、家族の有無や周りが協力的か否かなども見極めながら行う必要があります。

 

家族の協力

依存性になると我慢が出来ません。
お金が無くても、借金をしてまで行いたくなります。
本人に頼まれてお金を渡したり、依存の物質をストックしておいたりするのは辞めましょう。
喧嘩になったとしても、言いなりであったら変わりません。

 

また、家族の言葉や態度も気を付けないといけません。
「また○○しないで」(例:「またお酒飲まないで」「またパチンコに行かないで」等)
「隠れて飲んだりしてないよね?」
子供に向かって「お父さんみたいにパチンコ行っちゃだめよ」
等、依存症の本人がイラっとするような発言をしないように気をつけましょう。

 

その声で、また手を出してしまう可能性があります。

 

依存症治療を拒否されたら?

家族や周りが気付き、依存症の治療を勧めても拒否される場合も多いです。
本人が治したいと思わないといけないのですが、しつこく言っても逆効果です。
「うるさいなー」「必要ない」「ほっといて」等なってしまいます。

 

そこで、最初のうちは何度も言わずに、家族や周りの人が依存症を詳しく知ることが大事となります。
特徴・注意点・治療法等を学びましょう。

 

依存症は短期間の治療やリハビリでは治りにくいものですが、治らないと断言されているわけではありません。
依存症の相談機関で同じ症状に苦しめられている人と会って皆で話をしたり、自分の治したい意欲を磨く(または周りが磨いてあげる)ことも回復の手助けとなります。

 

なるべくゆっくりと治していけることを目標に進んでいきましょう。