様々な依存症の種類

どんな依存症がある?依存症の種類について

依存症というのは本人だけの問題ではなく、家族などの身近な人に迷惑をかけてしまう可能性がある病気です。
依存症には様々なタイプがあり、特定の何かに心を奪われてしまい、やめたくてもやめれない状態に陥ってしまいます。

 

依存症は、大きく分けて3つに分かれます。

 

依存症の種類

依存症の種類には大きく分けると「物質依存」と「プロセス依存」「関係依存」があります。
「物」か「行為」か「人間関係」です。

 

物質依存

物質依存は、タバコや薬物など物質に執着した依存症になってしまうことを言います。
物質依存の場合は、自分が病気であることを自覚している人が多いです。

 

タバコ、お酒、薬物などの物質によって肉体的に快楽や刺激を受けるうちにやめられなくなってしまいます。
他にもカフェイン・スイーツ等の糖分がやめられな人・過食や拒食の摂食障害も当てはまります。

 

例えば、生理前に甘いものが食べたくなる・・・等では問題ありません。
食べない我慢が出来ないと依存性になってきます。
適度に楽しむなら問題ないのですが、、それなしでは済まされなくなることを言います。

 

摂食障害の場合も、自分の意思で、食べないわけでも、食べ過ぎたいわけでもありません。
コントロールができない状態になっているので、依存症の一つと考えられます。

 

プロセス依存

プロセス依存は、ギャンブルやスマホなどの行為がやめれない依存症を言います。
プロセス依存の場合は、自分が病気であることを自覚していない人が多くいます。

 

プロセス依存とは、ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めて、その行為にのめり込んでしまいます。
代表的なものとしては、パチンコや競馬などのギャンブル依存症、ネット依存症、スマホ依存症、買い物依存症、ゲーム依存症などもプロセス依存症に該当します。

 

ギャンブル依存症や買い物依存症は、借金をしてまで辞めれない人も多くいます。
家族にも迷惑がかかるので、真剣に依存性と向き合わないといけません。

 

関係依存

関係依存は、人間関係から生まれる依存症です。
恋愛依存症やセックス依存症が当てはまります。

 

虐待・DV・宗教等も当てはまります。
ニュースなどもよく見るようになりました。
他の依存症とは違い、やめられない人間関係としての行為になるので当てはまります。
繰り返される暴力なので、これも依存性になってしまいます。

 

関係依存は、周りの人が気付いてあげる必要が大きくなります。